気を紛らわせたい時にやっている事

私は夫と結婚したのをきっかけに、今まで住んでいた地元から遠く離れた土地に引っ越してきました。実両親や親戚、友人も気軽に会えるような距離にはいない、都会から少し外れた地域です。ふだんは夫仕事の時間以外は夫と毎日一緒に過ごしていますし、家事や趣味などに没頭するようにしているので、そんなに寂しいと感じることはありません。しかしふと手持ちぶさたになったとき、一人で静かな部屋にいると急に寂しさを感じてしまいます。田舎なので、外を出歩いても人影がほとんどなく、人気がない街中を眺めるのも寂しいものです。あるいはFacebookやTwitterなどで、近くに住む友人同士が会ったりしている様子を見たりしたときも、自分も近くに住んでいればなぁ…と寂しさを覚えるときがあります。

 

寂しさを解消するためにすることは何個かあります。まず、何か寂しさを忘れて夢中になれるものに集中すること。私は読書をしたり映画やドラマを見たりすることが好きなので、お気に入りのものを見るようにしています。楽しい内容のもので笑って過ごしたり、泣ける内容のもので思い切り泣いたり、どちらもすっきりとした気分になることができます。また、ちょっと手の込んだ料理をするときも時間を忘れて過ごすことができるので、寂しさを紛らわすにはちょうどいいです。

 

二つめの解消法は、少し遠出をして賑わっている街中へ出ていくことです。あまり行く機会のない大きめのショッピングモールやデパートまで足をのばすと、ちょっとした非日常を味わうことができて新鮮な気持ちになります。特に買い物をするわけでなくても、ウインドウショッピングをしているだけで気分が晴れて楽しい気持ちで過ごすことができます。入ったことのない店に立ち寄ってみたり、店員さんと言葉を交わしてみたりするのもいい気分転換になりす。
三つめの解消法は、とにかく寝てしまうことです。なにか悩んでいても、一晩寝て頭を真っ白にしてから起きると、大抵つらいことを忘れられます。単純な方法ですが、気分転換には最適です。